Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼袋 ホルモン

この日も寒い日でした。
自分のバカさ加減に泣きながら入った沼袋駅近くの ホルモン さん。
素敵
何がバカかって、目指す銭湯は実は定休日で、せっかくだからと目指した銭湯も実は改装中。
その改装中に気が付かず、煙突を目印に入り口を探してぐーるぐる何週もしてしまったことなのです。
ばーか、ばーか、私のばーか!!(当日、友達に送ったメールより引用・笑)
体が芯まで冷えてしまって、もう限界だ!と入ったのがこのお店でした。

続きを読む

スポンサーサイト

チャーくん

過去の日記にも登場したことのある美容室のアイドル猫、チャーくん。
何度も謁見に出かけてご機嫌を伺っております。
チャーくん 1
90%の確立でお会いできているのが嬉しい。

続きを読む

よそ様の家の猫

こんなに猫を愛する私ですが、猫を飼ったことがありません。
一時期実家で飼ったことがあるくらいで、猫がたえず側にいる生活を送ったことがないのです。

なので猫のいるお宅に行くと舞い上がります。
あんまりしつこくすると嫌われるのもわかっているのに、
「側に行きたい!撫でさせて!遊んで!」と、そわそわしてしまいます。

仲良くさせていただいている神田ぱんさんのお宅の猫さんたち。

「抱っこが嫌いなんだけど、この体勢なら大丈夫なのよ。」
ミソさん
こーの絶妙な顔が堪らない。
「にゃろめー。」とか「うにゃー」とか「はわー」とか訳のわからない擬音を発する私(笑

続きを読む

沼袋 BAR ANGEL

銭湯の帰り。
お腹すいたなー。喉が渇いたなー。と歩いていて見つけたお店。
BAR ANGELさん。
お酒が沢山♪
伺ったのは確か三月末の、ボクシングの試合があった日です。

続きを読む

ホテル ハイタワー

とある場所にある素敵なホテル。
ハリソン・ハイタワー三世氏が建てた、ハイタワーホテルです。
外観

正面玄関頭上にあるステンドグラスも素晴らしい!
三世 ステンドグラス

続きを読む

ディズニーシー スナップ

撮った写真を何枚か。

着いたらパレードをやっていました。
…ティンク?
どうも私はミッキーの声に慣れません。
多分、テレビでミッキーの番組などやってなかった時代に育ったのだと思います。

続きを読む

夕陽湯

今日は夕陽湯のご紹介です。
あ、実在する銭湯ですが、この名前ではありません(笑
夕日湯
縁起を担ぐ銭湯で、「沈む」を連想する「夕陽」を屋号につけることは珍しいでしょう。
(存在したらごめんなさい。入りにゆきます・笑)

続きを読む

桜と猫 その2

あら、どちらへ?
どちらへ?
子猫を卒業するかしないかという年の頃で、好奇心旺盛、といった感じの猫。
たまーにいるんですよね、こういうモデルに最適な猫さんが。

振り向けば
ジーっと何かを見ています。
こちらの存在もわかっているけど、さほど気にしていない感じ。

桜舞う_edited-1
そこにひゅるりらと桜の花びらが。
この日は風が強くて。あぁ、吹くたびに落ちてきます。

続きを読む

桜と猫~荒川土手散歩

何度か桜を見る機会はあったのですが、曇り空の下で見る桜はそれを透過してか灰色で。
晴れの桜
やっぱり晴れの日の桜はいいですね。
毎年恒例の、荒川沿いの桜並木から知水資料館に寄り、旧岩淵水門を渡って小島に行き、
その近くの銭湯でひとっぷろ浴びて帰るというコース。

小島には「草刈の碑」という立派な石があり、なんだろうと調べると、
「昭和13年~18年の5年間、荒川土手で草刈競技が行われていた。
現在の全国高校野球選手権さながらの全国的行事で、草刈日本一の栄冠を争った。」とあります。
碑文は「農民魂は 先ず草刈から」です。
草刈日本一ってどういう基準で競っていたんでしょうか。すごくすごく気になります(笑

草むらに猫発見。
立派なオス猫 1
明るい緑と優しい茶色のコントラストはいつ見ても癒されるなぁ。
ぜんぜん仲良くしてくれる気配はないけれど。そこがいい。

続きを読む

第二堀田湯(足立区 50番)

第二堀田湯さん。
西新井の駅から徒歩約三分。
水色&黄色

看板メニュー
(第63湯目:訪問日2010年2月5日)

続きを読む

銭湯といえば足立

という小冊子があります。
銭湯といえば足立 表紙と焼き芋
足立区の銭湯で配られているフリーペーパーなのですが、ご覧になったことありますか?
これは配布になったばかりの33号。今号のアスリートのゴールは銭湯!という特集もおもしろかった。

去年あたりから、乙女湯のたしなみという「暮らしに銭湯を」というコンセプトで銭湯イベントを主宰しているmasamiちゃんやその仲間達(笑)と仲良く交流させていただいております。
masamiちゃんは、1010という偶数月に発行する小冊子でも「嗚呼、女湯万歳!」という連載をしています。
彼女の文章は純情可憐で乙女。まるで幼い頃憧れた、花の飾りつきの角砂糖のような。
でもその味わいは、深くコクがあり、和三盆のようです(笑)

先日、彼女がその冊子の取材を行う銭湯、第二堀田湯さんに集まってお風呂に入らないか?と声を掛けてくれたので、数名が駆けつけました。
↓その時の取材の様子がこちら。

続きを読む

お薦め お風呂漫画

更新する画像は山ほどあるのに、手がつけられずに更新が滞っているふみづきです。

とりあえず、さらっとご紹介です。
何気なく本屋で手に取った漫画、ヤマザキマリ先生のテルマエ・ロマエ
テルマエ・ロマエ
ローマ時代の風呂専門建築技師が、現代日本のお風呂にワープするというお話です。

すっごくおもしろかったのでみなさんにもお薦めします!

表紙は、よくある全裸の彫刻像です。
タオルと桶を持っているのに、オープンにしてある部分をなんとなく本の帯で隠しました(笑
そしてバックに写るのはポン豆ヤさんオリジナルてぬぐい。いいでしょう~♪

ローマ時代と今の日本のお風呂事情の比較、その当時の風呂文化についても描写されていて興味深く、
コラムなどで更に詳しく知ることができます。

お風呂好きの方で、おもしろい漫画をお探しでしたら是非読んでみて下さい。
益々、お風呂に入りたくなります。あ、湯治もしたくなりますよ(笑

Appendix

カウンター

プロフィール

ふみづき

Author:ふみづき
趣味はカメラ散歩。
サンバチームの写真係も担当。
銭湯を目指しながら
裏路地を歩いて
猫と遊ぶのが最高の時間。
好物は安くて美味しいもの。
食べ過ぎて後悔の念に苛まれては、ダイエットの日々。
本業は癒し業です。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。