Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井の頭自然動物園 ゾウのはな子

ゾウのはな子さん。
ぞうの花子
第二次世界大戦終結後に、日本にやってきたゾウです。

戦争とゾウと続けて聞くと、子供の頃「かわいそうなゾウ」という絵本を読んだのを思い出します。

続きを読む

スポンサーサイト

井の頭自然文化園 カエル

東京都下ですくすく育ったふみづきの少女時代。
何故かカエルが大好きで、その手の上にはいつもカエルがいました。
…うそです。そこまでではありません(笑
でも、田んぼに入っていっては青蛙を沢山とって帰って、母親にしかられたり、
ウシガエルのでかいおたまじゃくしを手にすくって帰って以下同文だったりしました。

今触るのはちょっと勇気がいるかもしれませんが、久しぶりにカエルを見て、
「やっぱりかわいいなー」と思いました。
夢中の子供たち
苦手な方がいるのも承知しておりますので、NGな方は残念ですがこちらで引き返してくださいませ。

続きを読む

青函ワールド

船の科学館付近に係留中の羊蹄丸。
その昔、青森港と函館港の間を運行していました。
津軽海峡冬景色の「連絡線に乗り~♪」という歌詞でお馴染みですね。
船の中は博物館展示をしていて、無料で開放しています。

その中の展示「青函ワールド」は、昭和30年代の青森が、リアルな建物とマネキンを使って再現してあります。
りんご屋さん
溢れる昭和。
りんごや魚、日用品を売るお店の呼び声が、スポットライトと共に移動していきます。

魚屋さん_edited-1 行商 おじさんと少年

続きを読む

キリンの群れ

次回予告などしておきながら更新が途絶えてしまってごめんなさい。
キリンの群れ
そしてその予告もくつがえしてキリンさん達です。
ガントリークレーン(港湾の岸壁に設置され、コンテナなどの貨物の積み卸しを行うクレーンのこと)。
首が長くてキリンにそっくりでしょう?いやー、かっこいいなぁ。

続きを読む

井の頭自然文化園 フェネック

今日はフェネックです。
フェネック 1
フェネックはイヌ科最小で1.5kg以下しかない。肩高約20cm、体長36~41cm。尾は18~30cm、耳は15cmの長さになる。砂色の体毛が周囲の砂漠に溶け込む保護色となっている。

大きな耳は放熱の役目がある。毛皮は昼間の日光を通さず、夜は熱を保つ。
熱い砂を防ぐため足裏は厚い毛で覆われている。
↑動物園シリーズ毎度のwikiより引用ですm(_ _)m

フェネック 2
すごく大きな耳。

フェネック 3
足で体を踏むフーレセラピーなのか、ハンドサンドマッサージなのか…
ずっと寝ている子の体の上で足踏みしていました。なのに起きない集中力。

続きを読む

井の頭自然文化園 サル山

井の頭自然文化園に行ってきました。

祝日がお休みなのは久しぶり!
カレンダーの青と赤がお休みの友達とお昼に待ち合わせて、ハンバーガー屋さんでランチを済ませてから。
動物園文化園 正面

おなじみのサル山で、かわいい小ザルを発見。
見よう見まねで蚤取りをしたり同じポーズをとったり、みんなの真似をしています。
小猿 2

小猿 1
それにしても蚤を取られてるサルのこの格好は。。。
このあとどんどんひどくなっていきましたが、載せると問題なので載せません(笑

続きを読む

Appendix

カウンター

プロフィール

ふみづき

Author:ふみづき
趣味はカメラ散歩。
サンバチームの写真係も担当。
銭湯を目指しながら
裏路地を歩いて
猫と遊ぶのが最高の時間。
好物は安くて美味しいもの。
食べ過ぎて後悔の念に苛まれては、ダイエットの日々。
本業は癒し業です。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。